BAKANARY

バカがバカなりに調べた結果がこれだよ!!!

【串焼き】もつやき 新潟屋@東十条【探訪】

f:id:yody_baka:20171111173055j:plain

私はね、ラーメンばかりを食べているだけの人間じゃあないんですよ。

失礼しちゃう!

というわけで、塩辛いもの好きのご多分に漏れずお酒も大好物でして。特に焼き鳥や焼とん、もつ焼きなんかの串焼きで飲むのがたまらんのですわ。

せっかくね、せっせと飲み歩いているわけなんで、ラーメンだけじゃなく串焼きのお店も書き記していこうかと、そう思った次第です。

第一回目の串焼き探訪でお邪魔したのはこちら!

もつやき 新潟屋 

もつ焼きの聖地ともいわれる東十条で埼玉屋と並び称される名店中の名店。

この日は16時ちょっと過ぎに伺ったんですが、すでに店内の大半は埋まっており、17時頃には店内待ちが発生する始末。これ、平日の木曜なんだぜ…。

カウンターに通され、まずは瓶ビールを注文。

f:id:yody_baka:20171111173054j:plain

メニューはこんな感じで、串(2本から)はだいたい100円で一品料理はだいたい300円という明朗会計。コスパ抜群。

煮込み

f:id:yody_baka:20171111173047j:plain

ビールをちびちびやっていると、まず出されたのが煮込み。

モツと大根…かと思いきやコンニャクでした。

モツは柔らかく、程よい独特の旨みがあって、添えられた柚子の皮との相性も抜群でうまいっすな。ネギのシャキシャキ感も加わってうまいっすよ。

牛舌味噌

f:id:yody_baka:20171111173051j:plain

牛タンを(たぶん)醤油ダレで漬け込んだもの辛味噌につけていただく。

タレに漬け込んであるので、チャーシューっぽい感じもありつつ。タンはスッと簡単に噛み切れるほどに柔らかい。

小袋刺(ニンニクダレ)

f:id:yody_baka:20171111173046j:plain

小袋刺はニンニク醤油、ショウガ醤油、ごま油からタレを選ぶことができる。「ミックスで」と頼んでいる常連と思しき方もいらっしゃたので、そういう頼み方もできるんでしょう。自分はニンニク一択。

プリプリの小袋は美味。この日、一番うまかったかも。

ただ、ニンニクが辛い。舌が痺れるほど辛い。でも、嫌いじゃない(ジロリアン)!

 ハツ(塩) カシラ(味噌)

f:id:yody_baka:20171111173048j:plain

串焼きは塩、味噌、タレの3種類から選べるんですが、自分で選ぶと結局は塩になりがちなので、おまかせで焼いてもらいました。

まずは焼とん定番のカシラとハツ。だいたいこれを頼んでおけば間違いない。

間違いはありませんでした。

ナンコツ(タレ)

f:id:yody_baka:20171111173049j:plain

ナンコツはタレで。

やや肉多めのナンコツ。ナンコツ付近についている肉がうまいんだよな。食感の違いも楽しいし。ナンコツには肉をつけるべき!

なお、タレはけっこう甘めな仕上がりになっている。

カモ(味噌) シイタケ(タレ) ピーマン(塩)

f:id:yody_baka:20171111173053j:plain

カモとは要するにネギマのことですね。

豚もうまいが鳥もうまい!もちろん野菜だってうまい!

ハイサワー

f:id:yody_baka:20171111173050j:plain

この日のアルコールは瓶ビールにハイサワー×3でした。

ハイサワーを頼むとサワーと書かれたグラスで提供されます。ハイボールだとボールと書いてあります。なんかかわいい。

たっぷりともつやきを堪能させていただいたあとは、王子の平澤かまぼこにはしごしてカラオケまで行ってしまったのでした。

家帰ってからも酒飲んでたし、久々にぐでんぐでんの二日酔いになりましたとさ。