BAKANARY

バカがバカなりに調べた結果がこれだよ!!!

【台北】本場台湾の人気店「金峰魯肉飯」は優しいおふくろの味【グルメ】

f:id:yody_baka:20170514154906j:plain

台湾料理の定番といえば、魯肉飯はハズせませんよね。

日本の台湾料理屋で食べたときにすごくおいしかったので、本場の魯肉飯をとても楽しみにしていたんです。が、実際に台湾の屋台で食べる魯肉飯は、まさに豚肉の煮込みぶっかけごはんといった感じで汁がしゃばしゃば、味も薄くて、「魯肉飯ってこんなだったっけ…?」という、正直期待はずれなものだったのです。

f:id:yody_baka:20170506190748j:plain

これが士林市場の某所で食べた魯肉飯。

精進料理かな?ってくらい優しいお味で、汚れた煩悩が浄化されます。

まぁ、それはそれでいいんでしょうが、自分が欲しているのはそういうんじゃないんや!ってわけで、台北でナンバーワンの魯肉飯のお店に突撃してきました。

台北を代表する魯肉飯の人気店こと「金峰魯肉飯」

f:id:yody_baka:20170514154908j:plain

こちらのお店、2015年には脱税の容疑で営業停止処分を受けていたんだそう。富宏牛肉麺は兄弟喧嘩で店が別れたという話をしましたが、どうして台湾の店ってワイドショー的なネタが多いんでしょうか…。

ともかく、脱税しちゃうくらいに儲かっていることは確かなわけで、それだけ人気のお店であることは間違いないわけです。

f:id:yody_baka:20170506190800j:plain

金峰魯肉飯は朝の8時から営業しているということで、開店と同時に行ってきました。店員さんは日本語が通じませんでしたが、このカードに食べたいものの個数を「正」の字で書けばいいので、何の問題もなし。

この日は、早朝から小籠包を食べていたので、魯肉飯の中サイズ(40元)と肉焿湯(50元)を注文。あっという間にメニューが提供されました。

f:id:yody_baka:20170514154905j:plain

はい、これが魯肉飯の中。普通のご飯茶碗くらいのボリュームでしょうか。

屋台のものと比べてしゃばしゃば度は低く、豚肉も大きめのものが乗っている。

味わいは、やはりちょっと優しめではあるが、屋台のものが精進料理だとしたら、こちらはおふくろの味といった感じの優しさかな(?)。

八角もそれほど強くなく、非常に食べやすい。ただ、豚肉の量がそんなに多くないので、できればマシマシにしていただきたいところ。魯蛋という煮玉子をトッピングすることもできるので、頼んでおけば良かった。

f:id:yody_baka:20170506190803j:plain

そして、こちらが肉焿湯。肉団子が入ったスープです。

このスープも比較的あっさり系ですが、肉の団子がけっこう味がしっかりして、ボリュームもあるので、魯肉飯と一緒に食べるのにちょうどいい塩梅。

小籠包を食べてなければ他も色々と食べてみたかったんですが、ほどよくお腹いっぱいになったのでごちそうさま。

金峰魯肉飯、こちらも正直期待していたほどではなかったですが、他にもメニューがたくさんあるので、魯肉飯以外も色々と楽しむのが吉でしょう。

日本の魯肉飯に慣れてしまっていると、台湾では肩透かしを食うかも。

金峰魯肉飯

住所:台北市中正區羅斯福路一段10號

営業時間:8:00~翌1:00 日曜は20:00まで

定休日:無休

電話:+886 2 2396 0808

日本語スタッフ:未確認