読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BAKANARY

バカがバカなりに調べた結果がこれだよ!!!

背脂地獄に撃沈する人が続出!?究極の最濃厚油そば爆盛油脂麺 from 平太周 味庵@大崎広小路

f:id:yody_baka:20170506190728j:plain

油そばハンターを自任する者として、絶対に食べておかなければならない油そばがそこにはある。それが、「平太周 味庵」の爆盛油脂麺だ。

平太周といえば、未だ伝説として語り継がれる「土佐っ子」の味を受け継いだ、背脂チャッチャ系の濃厚ラーメンを出す店として知られる。が、実はこの店、ラーメンよりも油そばの方が人気だったりする。そのため、太麺で茹で時間の掛かる爆盛油脂麺は昼時の注文がNGで、15時以降でなければ食べられないのだ。

この油そばについては色々と能書きを垂れたいところではあるが、実際に写真を見てもらった方がそのスゴさをご理解いただけるだろう。

爆盛油脂麺

f:id:yody_baka:20170506190725j:plain

どすん

見るからにスゴいけど、解説させていただきますと、こちらの太麺は麺量が400gあります。そんな大量の麺が濃厚醤油ダレに絡まり、茶色く染まっている。

そして、油脂麺というくらいだから当然ながらふたつのあぶらが使われいる。

脂の方のあぶらは、もう見ての通りの背脂。以前紹介した燕三条系の「ラーメン潤」の”鬼脂”な油そばの方が背脂の量は多いが、食べたときのヘビーさでいえば断然こっちの方が重い。

もうひとつのあぶらは写真で見て取ることはできないが、実は丼のそこにたんまりと沈んでいる液体油だ。この油、植物性油をいくつかブレンドしているという。

もう、胃がもたれそうでしょ?でも、まだお待ちあれ。 

f:id:yody_baka:20170506190727j:plain

さらには、デフォでバラの巻き豚2枚(わりと厚切り)と刻みチャーシューもゴロゴロ入っていて、味玉もメンマもネギも最初から付いているのだよ。

なお、味の濃さや脂の量、にんにくの量も調整可能だが、今回は初対麺なのですべてノーマルにしておいた。

さてさて、それではしっかりと混ぜていただいてみると、お、重い。この太麺、かなりカタメのホギホギ系なので余計にタレを吸いまくって、重量的な意味で重い。

もちろん、味わい的にもかなりヘビーで脂のパンチと醤油のしょっぱさがスゴい。

ほんのりとにんにくの風味もするので二郎っぽさもあるのだが、二郎よりも圧倒的に重いと思う。ひと口ひと口食べ進めるたびに腹にたまっていくのが分かる。

f:id:yody_baka:20170506190729j:plain

とにかく味が濃いくて、油と脂が重くて、麺の量もハンパないから、味変アイテムも豊富に取り揃えられております。

マヨネーズにマスタード、山椒、胡椒、ラー油、魚粉、タバスコに粉チーズ。

とりあえず、ひと通り試してみたけど、マヨネーズ入れたら死ぬよね。脂と油にアブラを注ぐ感じで、もう頭がおかしくなりそう。

f:id:yody_baka:20170506190730j:plain

個人的なオススメは粉チーズ。ちょっとカルボナーラっぽくなってうまい。

でも、結局はそのままが一番おいしいかな。

すでに味が濃い〜ので、あんまり色々入れても殺し合いになってしまう感じがするので、結局は何も入れないのがベストだと思う。

f:id:yody_baka:20170506190731j:plain

麺量400gあったけど、普段から二郎ばっかり食ってるからそんなに苦もなく完食することができた。が、やっぱり油脂がかなりヘビーだな。

食べてる途中から体が重いし、これ絶対にお腹壊すやつだよね。でも、それでも食べたくなるくらいの病みつき感は確かにある。素人にはオススメ出来ないが。

…なお、このあとむちゃくちゃお腹を壊しました。

それでも、きっとまた食べに行くと思う。

平太周 味庵

f:id:yody_baka:20170506190732j:plain

住所:東京都品川区大崎4-2-2

営業:11:00〜24:00 日曜11:00〜22:00

定休日:無休

席数:12席