読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BAKANARY

バカがバカなりに調べた結果がこれだよ!!!

日本一との呼び声高い油そばと対峙する!!! from 兎に角@松戸

f:id:yody_baka:20170416162315j:plain

先週の話ですが、清水エスパルスvs柏レイソルの試合を観戦しに行く前に、松戸に寄って日本一との呼び声もある兎に角の油そばをいただいてきました。

到着したのは13時過ぎ頃でしたが、並びは18人となかなかの人気ぶり。

行列に接続すると店員さんが注文の確認にきました。

f:id:yody_baka:20170416162325j:plain

外壁に貼り付けてあるメニューを確認して、油そば大盛りと温泉玉子を注文。

油そば大盛り+温泉玉子

f:id:yody_baka:20170416162317j:plain

こちらが日本一とも言われる兎に角の油そば

トッピングはチャーシュー、メンマ、ノリと非常にクラシカルで、かつお節が珍しいところだろうか。

f:id:yody_baka:20170416162318j:plain

太麺をよっこらせとかき混ぜていくと、意外とタレは多めに入っているようだ。

油そばの元祖とされる珍々亭もタレ多めなので、これも古典的といえば古典的。

f:id:yody_baka:20170416162319j:plain

しっかりと混ざったところで、いただきます。

ツルツルとした太麺はモッチリとした口当たりで、タレとしっかり絡んでうまい!

タレは煮干しと醤油を合わせたもので、たぶん魚粉も多めに入っているのだと思われ、かなりの濃い味になっている。

…これはそれぞれの好みの問題かもしれないが、魚粉って味が強いから、ラーメンやつけ麺、油そば何でもそうだけど、入れるとすべてが魚粉味になっちゃうのが好きじゃないんだよね。

以前、東京で有名な油そば「破顔」に行ったときも魚粉の味が強すぎて、正直ガッカリだったし。

魚粉は卓上に置いといて、好みで入れるようにしてもらえると個人的には嬉しい。

f:id:yody_baka:20170416162320j:plain

温玉を崩すことで、魚粉味をだいぶマイルドにしてくれました。

そして、麺を1/3ほど食べたところでスープ割りをコール。

f:id:yody_baka:20170416162321j:plain

また魚粉がすごそうなスープだこと…。

これを残った油そばに投入します。

f:id:yody_baka:20170416162322j:plain

濃厚な煮干し系醤油ラーメンが出来上がりました。

もともとの油そばのタレもかなり残っているので、スープをプラスするとかなり濃い味のラーメンになっている。

う〜ん、魚粉強めの油そばよりは、こっちの方がうまい気もする(笑)。

なんてことを考えながら完食。

 

全体的に見て非常にオーソドックスなタイプの油そばという印象ですが、ただ魚粉が強すぎることだけが残念。もっと出汁の旨味とかちゃんと感じたかった。

確かにレベルの高い一杯ではあるが、個人的にはナンバーワンとは言い難い。

兎に角

f:id:yody_baka:20170416162324j:plain

住所:千葉県松戸市根本462 比嘉ビル1F

営業:11:00〜21:00

定休日:火曜

席数:15席