BAKANARY

バカがバカなりに調べた結果がこれだよ!!!

俺は油そばハンターになるッッッ!!! from 燦燦斗@東十条

f:id:yody_baka:20170325133143j:plain

某ラーメン店で油そばを注文して塩ラーメンを出されたり、ラーメン二郎千住大橋店の限定油そばの存在を川越店の並び中に知って食べに行けなかったりと最近は油そば運に見放されているようだが、むしろ清々しい気分さ。

こうなったら、日本全国に眠る絶品油そばを徹底的にハントしてやろうじゃねぇか!

俺は油そばハンターになるッッッ!!!

どうも、ヨーディーです。要するに油そばにハマったということでご理解いただければ何の問題もありません。

そんなわけで、美味しい油そばがないか探していたところ、正式に油そばハンターとなった最初のハント(?)に相応しい店を発見してしまったのだよ。それがこちら。

f:id:yody_baka:20170325131923j:plain

東十条にある燦燦斗はラーメンデータベースの総合ランキングでもトップ10に入る超人気ラーメン店であり、「ラーメンもうまいが実は油そばが絶品」と話題の店なのだ。

いても立ってもいられない油そばハンターは開店の30分前に到着すると待ち人なしポールポジションをゲットして1番乗りで入店したのだった。

チャー皿+生ビール(ヱビス

f:id:yody_baka:20170325131930j:plain

いつもは基本バイクで移動している油そばライダーだが、東十条は電車移動の方が都合が良かったため、まずは油そばの前にチャー皿とビールを注文し気持ちを鎮める。

チャー皿とは、レアチャーシュー6枚と切れ端少し、ネギ、メンマが乗ってたったの400円というおつまみとしては最高すぎるアイテムなのだ。

個人的には最近流行りのレアチャーシューってイマイチ好きじゃなかったんだけど、これは塩気が効いていて、ほどよい噛みごたえと肉の旨みがあってうまい

ネギをくるん食べると最高の酒のあてとなる。メンマもシャキシャキたまらねぇぜ。

もう、ビールが進んじゃって進んじゃって、おかわりしようか考えていたタイミングで油そばが到着。

油そば+生たまご

f:id:yody_baka:20170325131946j:plain

こちらが燦燦斗の油そば麺量は250g

トッピングはレアチャーシュー1枚とネギ、カイワレ、メンマ。なんか見るからに上品な感じがする。

f:id:yody_baka:20170325131956j:plain

早速、麺をぐちゃぐちゃとかき回し、生たまご(黄身のみ)をシュート。

かき回してもそれほど麺にタレの色は付かず、薄味か?と心配になる。が、ズズッと啜ればこれがまた濃厚な味わい醤油ベースのタレであるが、塩味がかなり強いため塩油そばのような味わいでもある。

というか、ここの麺うまいな。中太のツルツルモチモチな麺はラーメンよりも油そばで食べた方が美味しいんじゃないのと思うくらいマッチしていて、一気にいけるやつだ。

f:id:yody_baka:20170325132005j:plain

油そば言うたら途中でお酢を入れるのを忘れたらあきまへん。単調に麺を啜るだけだから、味変は絶対に必要。さっぱり感が出て箸が進む。

なんて思っていたら、あっという間に完食。

チャー皿と生ビール頼んだから油そばは普通盛りにしたんだけど、もっと全然食べれた。こんなに麺がうまいなら大盛り(370g)にしておけばよかったと後悔。

まぁ、また来ればいいさ。

今日の美味しい油そばの感謝に、店主に深々と頭を下げてごちそうさま。

油そばハンターは次の油そばを追い求めて待ちへ消えていった。

燦燦斗

f:id:yody_baka:20170325132013j:plain

住所:東京都北区中十条3−16−15

営業:18:00〜20:30

定休日:月、木

席数:8席