読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BAKANARY

バカがバカなりに調べた結果がこれだよ!!!

油そばはママの味 from 幸来@上井草

f:id:yody_baka:20170309101413j:plain

脂っこいお兄さんは嫌いですか?

異存はありません、どうもヨーディーです。

最近は2連チャンで二郎をいただいておりましたが、突如として“油そばが食べたい症候群”にかかったので、個人的世界ランク暫定1位の油そばがある上井草へ行ってまいりました。

 

以前、西荻窪に住んでいたとき上井草スポーツセンターに通っていたんですけど、今回の目的である幸来はそのほど近くにありまして。当時は、ジムで汗を流したあとに幸来の油そばア.ストラーザのポークソテーを食べちゃったりして。

「全然痩せねぇな」なんて言ってみたりしちゃって。

何よりの思い出です。

西荻を越してからそろそろ2年が経つので、幸来にうかがうのも実に2年ぶり。

油そば(850円)+ライス(100円)

f:id:yody_baka:20170308143228j:plain

出ました、こちらが世界ランク暫定1位の油そばです。

この油そばを作ってくれるのは愛嬌たっぷりのお母さん

…いや、年齢的にはお婆さ(ry

すごくね、優しそうでユルフワな感じなんですけど、 このお母さんがキビキビと調理して、しかも背脂チャッチャな超濃厚とんこつラーメンや油そばを作ってくれるんですよ。

手慣れた感じで背脂濾してる姿が意外すぎる。

お店にはこのお母さんの濃厚な一杯を求めてガテン系な人たちが集まり、席待ちが発生することも。※路上駐車はやめましょう

 

そして、中でも特に人気なのが油そばなんですね。

こちらの油そばお値段850円と他所に比べてちょっとお高い感じもしますが、見ての通りチャーシュー、煮たまご、メンマ、ネギ、ノリ2種がトッピングされており、しかも麺量は300gくらいあると思われるので、むしろコスパ良すぎな一品なんですよ。

f:id:yody_baka:20170308143233j:plain

まずはこの油そばを混〜ぜ混ぜして、麺と油ダレをしっかり絡めていきます。

ただ、事前にお母さんがしっかりと混〜ぜ混ぜしてくれている安心設計なので、そんなに混ぜ込む必要はありません。

どうですか。醤油ベースの油ダレで真っ茶に染まった麺は!

ケロッグコンボのゴリラばりに「もう我慢できない」ルックスでしょう。

ズズズッッとひと思いに啜ると、中太縮れ麺にしっかりタレが絡んで…うまい!

さっき、醤油ベースって言ったけど、わりと甘辛でソースっぽい感じでもある。

f:id:yody_baka:20170308143246j:plain

しばらく食べ進めたら、卓上にあるニンニクのすりおろしを投入

うわぁん、こんなん最高やん。

f:id:yody_baka:20170308143300j:plain

さらには、お酢を投入して酸味で味変&食欲増進増進。

なんで油そばとお酢ってこんなに合うんでしょう。

発明した人にはオプーナを差し上げる!

…いちいちネタが古いな。

ラストスパートで麺をかっ込んだら、これで終わりじゃないですよ。

f:id:yody_baka:20170308143314j:plain

キープしていたチャーシューと煮たまごの半分、卓上の紅しょうがをご飯に乗っけて、さらに残った油ダレをその上にかける!

最初の油そばの画像に戻って見てくださいよ。

ちょっとチャーシューかたそうだなって思ったでしょ?

残念でした、これ、超ホロホロで、箸で持ち上げると崩れるやつでした。

超柔らかくて、超うまい。

このミニチャーシュー丼ひと口で食べたいくらいうまい

なんの意味もないけど。

f:id:yody_baka:20170308143319j:plain

うっほ、ごちそうさまでした。

なんて言えばいいのか…世界ランク1位完全防衛でしょ。

ただ、以前の記憶では液体油に加えて丼から溢れるほど背脂をチャッチャしてくれていたと思うんですが、今回はかなり控えめだったのがちょっと残念でした。

下の置き皿の方を持っても手がベッタベタになるくらいがモアベター

ごちそうさまを伝えるときに、お母さんに2年ぶりであること、楽しみに来たことを伝えたら、ものすごく喜んでもらえました。

私にとって油そばはここのお母さんの味。

とはいえ、油そば久しぶりに食べたら本当にうまいのね。

ちょっといろんなところのを食べてみたくなってきたぞ!